洗剤の自動投入機能がおすすめ!Panasonicのドラム式洗濯機

洗剤の自動投入機能がおすすめ!Panasonicのドラム式洗濯機

洗剤も柔軟剤も自動で入れてくれる?!

そんな夢のような洗濯機が出てきました!

新しく購入した我が家の洗濯機の自動投入機能が便利すぎて感動したので。

今回は、洗剤の自動投入の便利さをレビューしていきます!

パナソニックの洗濯機 洗剤の自動投入を使ってみた感想

Panasonicのドラム式洗濯機に搭載された、液体洗剤と柔軟剤の自動投入機能。(搭載機種は商品ラインナップのうちの一部です)これがとっても便利でおすすめです!

我が家では、この機能が搭載されているNA-VX8800の機種を使いだしてから1年になります。

買った当初、実はこの機能はあまり重視しておらず、温水で洗えるドラム式洗濯機というところに惹かれて(ちょっとお高かったですが)奮発してこちらの機種を選びました。

ところが今となってはこの洗剤の自動投入機能をイチオシしていて、友人にも勧めているくらい気に入っています!

ちなみに、温水洗浄の機能もとっても良いです。NA-VX8800は60℃までの温度で洗うことができます。通常の洗濯は設定なしの水道水で洗っていますが、ニオイをとりたい時にこの温水機能を使っています。特にタオルがカビ臭い時に試してみました。使うのはたまにですが、今まで日本の洗濯機ではあまり温水洗浄がなかったので、おすすめなポイントです!

しかも乾燥機能付きなので、家に帰ってきた時にはホカホカに出来上がっています。共働きの家族には乾燥機付きはマストだと思います。干すという工程は働いていると時間的にも厳しいです。乾燥機付きなところも本当におすすめです。

実際使ってみて、おすすめ!洗剤自動投入!

共働きのため、省ける家事はとことん楽にしよう!がモットーの我が家。

洗剤を勝手に入れてくれるの??使う前は、いやいやそのくらいで楽になるかな〜?と思っていたのですが、、、。早速使い始めたところ、これがめちゃくちゃ便利。そしてかなり時短になるので私の中でヒットしました。

というわけで、洗剤の自動投入機能の使い心地を語っていきます。

他の家電の自動化・省力化も進めています!
スマホが家電のリモコンになる、ネイチャーリモの記事を読む

自動投入機能のいいところ

洗剤は設定しておけば自動で計量

一度設定すれば洗剤の量は機械が覚えてくれているので、洗剤の種類を変えない限り、毎回設定はいりません!しかも、洗う服の量が毎回違っても大丈夫です。洗濯機が洗い物の重さから計算して適正量を入れてくれます。

洗剤も指定のものがあるわけではなく、メーカーは自由です!ただし、洗剤は液体洗剤を買ってくださいね。取扱説明書に主なメーカーの商品の目安設定量が記載されているので、それに沿って設定すればオッケーです。記載がないものについても、パッケージの目安表示と照らし合わせて設定します。

もちろん、今日は多めに入れたいなーって時は、量の調整も可能です。また、今まで通り洗剤を計量して使うモードもありますよ!お洒落着などは別のおしゃれ着用洗剤で洗いたいので、こちらは自分で計量するモードで洗っています。

とにかく時短になる

私は余裕を持って朝起きるとか出来ないギリギリ人間なので、朝はバッタバタなんです。でもこの自動投入機能を使えば洗濯を回す作業といえば、家を出る前にボタンを何個か押すだけ。作業は10秒くらいです。もちろん予約もできます。

今まで洗剤の容器を出したり、計量する時間をバカにしてました。計量が無いだけですごく省力・時短になります。ちりも積もれば山となるとはこのこと!少しの動きが無くなるだけでもだいぶ楽になります。

洗剤で手が汚れたり、こぼして無駄になったりしない

洗剤や柔軟剤を計らなくていいので、手に付いてべたべた〜だったり、入れすぎた!ということもなく、スマートです!

ボトルを開けて、”あー、またフタがベトベトしてきた”という毎回のイラッとを感じなくて良いのは結構スッキリしますよ。

詰替用パック1つ分くらい入れておける

洗濯機の中に洗剤と柔軟剤を入れておくタンクが内蔵されており、そこから自動で入れてくれる仕組みになっています。そのタンクに入る容量が意外と多い!なんと洗剤の詰替用 (エコパックで売っているようなよくある詰め替え用1回分) が1つ分一気に入れておけます!

ちょこちょこ分けて入れなくてもいいのは地味に助かります!普通の洗剤ボトルに詰め替えるのと周期は変わらないですし、毎回測る必要がないのでむしろラク!それにいつも通りお得な詰め替え用を買えば良いので、経済的ですね。

自動投入機能のここが惜しい!

使えるのは液体洗剤のみ

私はもともと液体洗剤派なので、何も違和感なく使えましたが、粉末やジェルボール派は買う洗剤を変える必要があります。液体洗剤に抵抗がある方は嫌なポイントかもしれません。

たまにタンクのお掃除がいる

投入口が洗剤で固まってしまうとうまく洗剤が入らないので、それを防ぐために洗剤と柔軟剤を貯めておく内蔵のタンクはたまに洗わないといけません。ただ、使っている感想としては、頻度は少なくて大丈夫そうです!ねっとり固まらないようにだけ注意してます。

また、洗剤の種類を変えたい時も、混じりを防ぐためにお掃除した方が良さそうですね。

結論、家事の省力化になる!

実際に使ってみた私の感想としては、洗剤の自動投入は家事を楽にしたい人にはおすすめできる機能だと思います!

ジェルボールもラクそうですが、液体洗剤の方が種類が多いですし、これは柔軟剤も多くの種類に対応しています。共働き家庭が増えているので、今後は自動投入が主流になっていくんじゃ無いかなーと勝手に思っています。

ぜひご家庭に合った便利機能を見つけてくださいね!

他のおすすめ記事♪
便利ガジェットや、共働きにおすすめの家電など!
便利な家電たちの記事一覧

パナソニック ななめドラム洗濯乾燥機 11kg 左開き 液体洗剤・柔軟剤 自動投入 クリスタルホワイト NA-VX800AL-W