結婚式の費用!見積もりから上がったもの、維持したもの

結婚式の費用ってはじめに貰う見積もり額からどのくらい上がるの?

呼ぶ人数や式場の規模によって変わるので一概には言えませんが、ほぼ確実に上がるといっても過言ではない気がします。

ring

最終的にかかった費用、私は最初の見積もりから100万円くらいアップしました。(式場以外に結婚式関連で払った費用も含めて)ちなみに、私はゲスト60人くらいで、衣装はウエディングドレスとカラードレスを着ましたよ。

結婚式の見積もりは上がるものと思った方がいい!

絶対に見積もり額のままでいく!という強い意志がない限り、見積もりの金額を維持するのは難しいと思います。結局どこが上がったの?私の場合どこが高くなったかをご紹介します!

見積もり表から値段が上がったもの

  • お料理
  • 引き出物
  • 衣装
  • 写真やビデオ

お料理の見積もり額は一番価格の低いコース設定になっていることが多いです。料理のランクアップをしたいと考えている人は、追加料金×人数分を計算しておくと心積もりができて安心です。

引き出物の盲点は、見積もりには引き出物の個数が全員分入っていないことがあるということ。はじめに貰う見積もりにはいくらのものが何個分入っているのかを先に見ておいた方が良いです。

衣装は見積もり表には最低価格が載っていることが多いです。でも、実際その値段で選べるドレスは少なく、、、良いものを見ると欲が出てしまうもの。当初考えていたよりも値段が上がる人が多いのでは?

そもそも見積もり表に無いけれど、費用がかかったもの

  • プチギフト
  • お車代
  • 両親への贈り物
  • その他ウエルカムグッズ
  • 衣装のアクセサリーなど
  • 美容代などあれば

遠方から来るゲストに渡すお車代は見積もりには入っていないので、頭の中で追加しておいてくださいね。また、式場によっては心付け(スタッフに渡すチップのようなもの)も必要かもしれません。私が披露宴をした式場はがっつりサービス料が見積もり額に入っていたので、心付けは渡しませんでした

その他に、披露宴で渡すゲストへのプチギフト両親への贈り物も自分たちで用意する場合が多いと思います。

ランクアップなし!見積額から維持したもの

  • お花
  • テーブルの装飾
  • ウエディングケーキ
  • ペーパーアイテム

華やかさをプラスする追加装飾などは、ケチって見た目が寂しくならない程度にうまく節約したいところですね!見栄えも維持しつつ、あっても無くてもあまり変わらないものはコスト削減しました。プランナーさんの話を聞いていると何もかもランクアップしたくなりますが、冷静に判断しないと見積もり額がうなぎ登りです、、、。

お花は豪華にすればするほど見栄えも素晴らしいですが、私たちはランクアップ無しにしました。見積額を上げずいい感じにアレンジしてもらえるならそれでよし!お花の担当者にイメージや色味を伝えて、値段を上げずにどのようなアレンジができるか写真を送ってもらうと良いです。私たちは結構イメージに近いお花になったので値段はそのままでいきました。

また、他の装花についても現状でどんなアレンジになるのかイメージ写真を送ってもらい、これならこのままで十分いいねとなったので、テーブルやケーキの追加装飾も無しにしました。

ペーパーアイテムは自分で業者さんを見つけて手配するなどして、節約しました。詳しくはこちらの記事 ペーパーアイテムはネットがおすすめ で紹介しています。

結婚式の準備って大変ですが、当日はめちゃくちゃ楽しいので、最高の日になるように頑張りましょう!

※式場によって事情も異なると思いますので、あくまで一感想として参考にしてくださいね!

他のおすすめ記事♪
結婚式の準備など色々書いています!結婚式の記事一覧