自分の式でブーケストーリをしました!挙式でゲスト参加型のセレモニー[結婚式]

自分の式でブーケストーリをしました!

花束
結婚式といえば、ブーケ!

ブーケストーリーという結婚式のイベントをご存知ですか?正直、私は自分の式を挙げるまで全く知らなかったです。

ですが、実際にやってみてすごく良かった!

今回は、結婚式の準備を進めている花嫁さん・新郎さんに向けて私の経験も踏まえながら、結婚式でブーケストーリーを行った時の体験談をご紹介します!

どうしてブーケストーリーをすることにしたか?

最近は人前式をする方も多く、人前式ではプログラムもかなり自由です。私たちは人前式にしたので、プランナーさんも色々提案してくれました。

例えば、挙式・人前式で最近流行っている今時なセレモニーで、植木の土を入れる”植樹の儀”や砂を入れ物に注ぐ”サンドセレモニー”などがあります。

ゲストと一緒に、楽しい雰囲気の式にしたい!!

そんな私たちの希望を聞いて、プランナーさんが提案してくださったのが、ブーケストーリーです。ブーケストーリーも挙式・人前式でできる自由なアレンジです。

そもそも、ブーケストーリーって何?

ブーケストーリーは簡単に言うと、ゲストの方に一本ずつお花を持ってもらい、それを新郎が集めてブーケにした後、ブーケを新婦に渡すという挙式や披露宴で行うセレモニーです!

私たちの結婚式はゲストに友達を中心に呼んでいたので、これは面白そうだしみんなも楽しめそう!と思い、実際に結婚式で取り入れてみました。

ブーケストーリーの由来はロマンチック!

ブーケストーリーはブーケセレモニーやブーケ・ブートニアの儀式、ダーズンローズなど様々な呼び方があるそうですが、元々はヨーロッパの言い伝えにまつわるんです!

ブーケとブートニアの由来となったお話

むかしむかし、彼が彼女に結婚を申し込みに行く時に、お花を摘んで行きました。摘んだ花束と共に彼女にプロポーズをすると、彼女はその中の一本のお花を彼の服に差し込んでプロポーズを受け入れました。

とてもロマンチックなお話ですね!!ブーケストーリーではこれを再現するので、いわばプロポーズの再現なのです。

ブーケストーリーの流れ
  1. 通路側のゲストにお花を持っておいてもらいます。
  2. 新郎が入場し、ゲストが持っているお花を受け取りながら進みます。
  3. 集めたお花をブーケにします。(お花担当のスタッフが職人技の速さでいい感じに束ねてくれる!)
  4. 新婦が入場します。(挙式ではここでバージンロードを父親と進み…という有名な流れが入ります)
  5. 前まで進んだら、新郎が出来上がったブーケを新婦に渡しながら、一言言葉をかけます。(プロポーズのような言葉でも!)
  6. 新婦はブートニアを新郎の胸ポケットに差し込んであげます。(受け取ったブーケの中にブートニアが分かるように隠してあります!)

※式場によって事情は異なりますので、内容は各自で問い合わせされることをお勧めします!あくまで一感想として参考にしてくださいね。

ゲスト参加型なのが楽しい

ゲストは見ているだけではなく、お花を持ってもらったり、渡してもらったりといったゲスト参加型のセレモニーになります!参加型といっても動き回る訳ではないですし、控えめな参加型プログラムです。ゲストの層にもよりますが、ブーケセレモニーを楽しんでくれそうなメンバーならとてもおすすめです。

実際にやってみて、どうだった?

お花を受け取る際は、新郎とのコミュニケーションもあるので、和やかなムードになりやすいと思います!特に新婦のゲストは新郎とあまり話したことがない人も多く、どんな人かな?と気になっていると思うので、お花を渡すというコミュニケーションが取れるのは良いですね。

少しだけ変わったことがしたい!楽しい雰囲気にしたい!という方にはぴったりなイベントだと思います。ぜひふたりで色々相談してみてください。

楽しい結婚式になるといいですね♫準備頑張りましょう!

他のおすすめ記事♪
結婚式の準備など色々書いています!結婚式の記事一覧